影響

体内の血液中に、コレステロールは必要不可欠です。
悪玉コレステロールも、元々は大事なコレステロールです。
ですが、増えてしまうと悪さをしてしまうのです。
増えなければ、体内のすみずみにコレステロールを行き渡らす役目を持っています。
悪玉という名前ですが、正常な値であれば何の問題も影響も出ないのです。
悪玉コレステロールが増えることで知られている病気が、動脈硬化です。
これは、日本人の死因の中でも、30%以上を占めるものが動脈硬化に関係していると言われています。
動脈硬化は、脳卒中や心筋梗塞・狭心症につながるものです。
誰でも発症の恐れがあるもので、さらに命に関わるため知っておく必要があります。

コレステロールの値は、自分で自覚することが出来ません。
定期的に検査に行くことが、今のコレステロール値を知る上で重要となります。
血圧の検査も含めて受けて、問題が発覚したときには、医師とともに治療を行っていきましょう。
動脈硬化は自覚症状がないので、突然倒れるということもあります。
そういったことが起きないように、自分の値を調べておきましょう。
検査をして分かることで、食生活の改善や生活習慣の改善を行なう必要性が分かります。

動脈硬化以外にも、脂質異常症や糖尿病を併発する恐れがあります。
糖尿病になってしまうと、食事制限なども出てくるので、食べたいものが食べられなくなってしまいます。
そうなる前に、日頃からある程度の制限を行ったほうが、好きなものも食べることが出来ます。
糖尿病になると、他の病気にもなりやすくなるので、注意が必要です。
また悪玉コレステロールには、超悪玉コレステロールというものもあります。
悪玉の中でも超悪玉の量が多いほど、心筋梗塞を起こしやすいとも言われています。
日頃から注意しておかないと、最悪の事態を招いてしまいます。
定期健診を受けながら、食生活を見直しながら、健康を維持していきましょう。